最重要確認事項!人材育成の意味

人材育成とは育つ人間を生み出すこと

人材育成とは何かを誤解してしまっている人はしばしばいます。社内で必要になっている業務を適切に担える人材にするために育てることを人材育成と考えてしまう人もいるでしょう。しかし、それはただの人材教育であって人材育成とは意味合いがやや異なります。結果的に必要な役割を果たす人材が生まれてくることになるのは確かですが、必ずしもしっかりとした教育をして個々の業務を行えるようにするというプロセスが含まれているわけではありません。人材育成はもっと長期的な視点で考え、会社の成長につながる重要な役割を果たせる人材に育つ人間を生み出すことです。企業に貢献する意識を持って自ら成長していく力のある人材を育て上げるという意味があるのです。

考える力と帰属意識を育もう

人材育成の意味を取り違えていると、たった今は役に立つ人材が育っても、長期的に会社が成長していくのは困難になります。人材育成を達成するためには教育や研修によって考える力を育むことが最も大切です。そして、その考える力を駆使して企業のために努力しようという気持ちを持たせることが欠かせません。帰属意識を持たせ、自分が所属している企業が成長することを自分の喜びとして捉えられる人材に育て上げるのが人材育成をする上で重要になります。その気持ちを持って自分なりの考え方で行動を起こせるようになれば、自ら成長して企業に貢献してくれるようになるでしょう。このような視点で研修の計画を立てると将来的にも安定して育つ企業になります。

販売の研修はe-ラーニングで行うと、時間や場所も選ぶ事が無くて、販売員としてのコミュニケーション力を習得する事が出来ます。