研修を組む前に!人材育成の目的ははっきりしてますか?

目的がある研修にするために

研修を組む前に、目的をはっきりさせる必要があります。人材育成の目的は会社によって違うかもしれませんが、会社側が育ってほしい人材についてどのような理想を持っているかによって変わってきます。人間的にバランスのいい人になってほしいのか、一点だけが飛び抜けてできる人になってほしいと考えているのかで研修は変わってくるのです。会社側の議論は研修前に十分に尽くすことが大事になるでしょう。そこで出てきた目的に沿って研修内容を決めていきます。その目的は具体的で分かりやすいものがいいです。曖昧で分かりにくくては、伝わらないことが多いからです。できる限り具体的で、どのような目的かが誰がみても分かるようにしましょう。研修を受ける人がみても分かるのであれば合格です。

目的がはっきりしたら具体的に教える方法を考える

目的を伝えるためにどのような方法で研修を行うのかは重要です。伝え方次第では目的がはっきりしていても、伝わらないことがあるからです。どのように教えると伝わるのでしょうか。グループディスカッション、講義形式など、形は様々です。ただ、目的がはっきりしているのですから、直接的に教えることも一つの手です。あなたたちにこの事を伝えたいという講義形式でも伝わることが多いでしょう。研修の目的によっては他の方法でも伝わる可能性は高いですが、はっきりした目的があるのならそのまま伝えると受け手も分かりやすいでしょう。理解できない研修よりも分かりやすい研修の方が受け手の理解度は高いです。また、一つのことに絞って研修を行うことも大事です。その一つだけなら受け手は深く理解してくれる可能性が高いでしょう。

接客マナーの研修とは、コミュニケーション能力の育成や接遇マナー、クレーム対応などの分野に分かれて行われる研修です。個人のレベルからの接遇力の向上を目指し、社員研修と平行して行う企業もあります。