目的とするスキル別!人材育成の手法を紹介

スキル別の研修を導入する際に大切なこと

人材育成に力を注いでいる企業は多くありますが、一人ひとりの従業員の能力を引き出すために、スキル別の研修制度の導入を検討することがとても大事です。特に、中途採用者の受け入れを行っている企業においては、採用後の研修を強化しているところも増えており、研修期間の長さやテーマなどに工夫をすることで、前職での経験を活かすことができます。また、スキル別研修を成功させるためには、人事の担当者がそれぞれの従業員のプロフィールをしっかりと把握して、将来につながる研修のプログラムを考えることが重要です。なお、スキル別の研修の効果を高めるうえで、研修の最後にテストを行ったり、日々の業務の合間を縫って上司や先輩がフォローを行ったりすることも大切です。

各分野の専門の講師にスキル別の研修を任せるメリット

スキル別の研修を実施するうえで、より多くの従業員に様々な分野の知識や技術を効率よく習得させたい場合には、各分野の専門家に講師を依頼することがおすすめです。最近では、ビジネスやIT、語学などの分野のスキル別の研修を積極的に導入している企業が目立ちますが、第一線で活躍する講師にサポートをしてもらうことで、実務経験が少ない従業員であっても、短期間のうちに業務上で役立つ事柄をマスターすることができます。また、スキル別の研修の実績のある講師を選ぶにあたり、法人向けのサービスを行っている仲介業者を利用するのも良いでしょう。大手の仲介業者の中には、低価格で研修のプランを提案してくれるところもあり、人材育成のために大きな役に立ちます。

誰しも入社した直後は何も分かりません。それが、社会人デビューなら尚更です。人材育成の研修を通して、社会人としてのルール・マナーや自社について学ぶ事が必要不可欠なのです。