人材育成の意味、目的

最重要確認事項!人材育成の意味

人材育成とは何かを誤解してしまっている人はしばしばいます。社内で必要になっている業務を適切に担える人材にするために育てることを人材育成と考えてしまう人もいるでしょう。しかし、それはただの人材教育で…

研修を組む前に!人材育成の目的ははっきりしてますか?

研修を組む前に、目的をはっきりさせる必要があります。人材育成の目的は会社によって違うかもしれませんが、会社側が育ってほしい人材についてどのような理想を持っているかによって変わってきます。人間的にバ…

目的とするスキル別!人材育成の手法を紹介

人材育成に力を注いでいる企業は多くありますが、一人ひとりの従業員の能力を引き出すために、スキル別の研修制度の導入を検討することがとても大事です。特に、中途採用者の受け入れを行っている企業においては…

人材育成のセミナーの選び方

人材育成のセミナーは「リーダ」などを育成するセミナーです。最近では座学ではなく、体験型研修が人気です。

人材育成の手法

人材育成研修を行っていてもなかなか効果が上がらずその手法について悩んでいる企業も多いのではないのでしょうか。そこで今回は人材育成研修のプログラムを組むにあたって知っておくと良いことを書かせていただきます。

効果的に人材を育てる!その手法

もし立場の低い社員の声が制圧されるような環境であれば、非常に危険です。なぜならその社員は考えることを止めてしまいますし、上司の発言に従うだけの人材になるからです。ただ従っているだけで給料が貰えるの…

継続して育てる!人材のステップアップ

人材育成の最初のステップは、入社してすぐの新人への教育です。新入社員や入社後3年程度の社員を対象とした研修で、社会人としての基礎や業務に必要な知識や技術を学びます。初任者研修がしっかりとある職場で…

人材のやるきを引きだす!その方法

なぜ頑張る必要があるのか示す

なぜ頑張る必要があるのか、そして頑張った先に何があるのかを示すことは大切です。このような目標やゴールは本来であれば各自で設定して発奮しなければいけませんが、全ての人材ができるとは限りません。頑張る理由が見い出せない人材は次第にやる気が消えてしまい、最終的には退職に至ります。一人の人材が退職するだけであれば問題ではありませんが、次々と退職するようであれば無視できません。会社の方針を見直したり、根性論ではなく論理的な話し合いをします。 頑張る必要性が理解できれば、後はゴールに向かって突き進むだけなので仕事に集中できます。時には理不尽なことが発生しても、ゴールが明確であれば人材の気持ちも折れにくいです。

性格に合った指導をする

人材の教育は、性格に合った指導をしなければいけません。少し前であれば根性という言葉で色々と片付けられてきましたが、近年は違います。厳しく叱っただけでパワハラになることもありますし、簡単に辞職する人材も増えています。 時には叱責も必要ですが、叱ることによってやる気がアップする人材なのか否かという判断をする必要があります。叱ってやる気がアップするなら、発言内容に気を付けて叱れば良いですし、やる気がダウンするなら無暗に叱ってはいけません。とにかく褒めることによってやる気がアップするなら、とことん褒めるべきなのです。 人材を無下に扱っているという印象を与えてしまうと、やる気が下がるのも無理はありません。なので会社側は常に人材を守る姿勢を示したいものです。